ミネラルファンデーションについて

画像

クレンジング、洗顔の種類と役割

ミネラルファンデーションは、原材料がミネラルであること。いわゆる鉱物が材料なんですね。鉱物とは、酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄、マイカなどです。ミネラル成分は水分や油分がふくまれていないので、サラサラとした感触です。一般的なファンデーションは、パウダーに油分を配合して、リキッドタイプやクリームタイプ、コンパクトタイプなどにしています。このときに、合成界面活性剤や酸化防止剤、保存料などを配合するので肌への負担になってしまうのですが、ミネラルファンデーションには、これらを含んでいないので、肌をやさしくカバーしてくれるのです。

もともと1970年代に肌の傷をカバーするためにアメリカの医師が開発されたのが始まりだそうです。アメリカでブームになった後、日本に上陸して日本でもブームになったのはみなさんもごぞんじですよね。

ミネラルファンデーションの種類

日本にミネラルファンデーションが上陸したときは、ルースタイプのファンデーションでした。固めない粉をブラシに付けてくるくると肌の上に乗せていくスタイルが一般的です。

固形タイプは、オンリーミネラル プレストファンデーションといい固められているタイプです。固めているので多少の油分を使っているのですが、持ち運びがしやすくなっているのでメリットが大きいですね。
最近はリキッドタイプのものも登場してきました。水分が含まれているため、ミネラルファンデの良さがちょっと損なわれてしまうのですが、ノンケミカルファンデーションにチャレンジしようとしている方は使いやすいタイプです。
またクリームタイプのミネラルファンデーションも出てきました。

BBクリームやファンデーションとの違い

BBクリームや一般的なファンデーションとミネラルファンデーションの大きな違いは肌の優しさです。BBクリームは下地機能と紫外線防止成分も含んで毛穴やくすみをカバーしてくれて嬉しいのですが、それだけにポリマーやタール、香料などの化学成分が多く含まれています。当然クレンジングも十分に行わないと肌の負担がかかりっぱなしになってしまいます。

ファンデーションも同じで質感を出すために化学成分を使っているものがほとんどです。肌に優しいとうたっていてもゼロではありません。しかし国産メーカーが製造しているので日本人の肌色に馴染むカラーが多いですね。ファンデーションは、下地クリームやフィニッシュパウダーなどと組み合わせて使っている人が多いですが、ミネラルファンデーションはこれ1つだけで簡単にメイクできます。

TOPへ戻る