ミネラルファンデのブラシ&パフの選び方

画像

目的に合わせてブラシやパフを選んでみる

ミネラルファンデーションは、ブラシやパフによってしっかりメイク派にもナチュラルメイク派にも納得の仕上がりにすることができるんです。
カバー力を出したいときは、毛足が短く、コシがあるブラシでくるくるとパウダーを乗せるとカバー力がアップします。またパフもスポンジ系を使うと、カバー力アップになるんですよ。また1つのパフで表がスポンジ、裏が起毛タイプのものもあります。起毛面を使うとナチュラルな仕上がりが可能です。

同じミネラルファンデーションでも使う道具によって仕上がり方が変わるので目的に合わせて道具を変えてみましょう。朝メイクするときはブラシで、外出先で化粧直しするときはパフでと使い分けて使うのも賢い方法。パフだと化粧ポーチもかさばらなくて持ち運びしやすいです。

ブラシもしっかりお手入れ!

ミネラルファンデーションを使うときのブラシにはパウダーが馴染んだ状態で使うので使っているうちに汚れがたまってきます。敏感肌の方はブラシについた雑菌で肌が荒れてしまうケースもまれにあるようです。ですから月に一度や週に一度位はブラシもお手入れすることをおすすめします。

ブラシには天然毛や人工毛がありますが、ミネラルファンデーションの場合は食器用洗剤や洗顔石鹸などで洗ってもいいでしょう。水分をティッシュなどで吸い取った後、自然乾燥やドライヤーで乾かしてください。まめに洗うと毛先が抜けたりしてぼそぼそになってくるので、肌にダメージを与えないうちに交換するものだと考えてください。抗菌仕様のブラシや洗いやすいブラシなど、いろいろなタイプのブラシが売られているので、お手入れしやすいものを選ぶのもいいですね。

ブラシの基本的な使い方

パウダータイプのミネラルファンデーションをブラシで使うときは、別の容器に少量の粉を分けてそれをブラシに含ませます。粉がブラシの中へすべて含ませるのがポイントです。ブラシの奥の方まで粉が入り込むようにしましょう。すると、肌の上に均等にパウダーが落ちるようになりムラがなくなるからです。

粉を含ませたブラシを最初に顔の中心でポンポンとパウダーを置いていって、顔全体に広げていきます。そして螺旋を描くようにクルクルとブラシを回して、軽く肌に押し付けるようにして毛穴にパウダーを入れていきます。肌のおうとつがカバーされて滑らかなしあがりになります。ブラシを使ったことがないと最初は戸惑うかもしれませんが、慣れてしまえば短い時間でメイクすることができます。

TOPへ戻る