化粧ノリが3倍良くなる朝テク!

画像

化粧水でしっかり保湿!

素肌美人の基本は何といっても水分補給と保湿!やっぱりこれが基本なんです。素肌を空気にさらしているときも、寝ている時もいつも肌から水分が奪われいきます。洗顔をした後は特に肌の水分を奪われて乾燥してしまうんですよ。だから洗顔後は特に念入りに化粧水で水分を補給しましょう。化粧水を手の上にのせて指先で顔に少量ずつ伸ばしていきます。

このときパンパンと叩くのは禁物です。強くパッティングすると毛細血管が切れて肌ダメージの元になってしまいます。顔に馴染ませるように優しく優しく滑らせるのが基本です。肌が化粧水を吸わなくなったら、乳液やクリームで水分が抜けて乾燥しないように、しっかりとフタをすることも忘れずにね!

マッサージで血行を促す

化粧水の後は乳液やマッサージクリームを塗って、顔に馴染ませます。乳液やクリームをつけると滑りがよくなります。
手の指の第二関節の下あたりの指を顔の中心から外側に向かって滑らせて伸ばしていきます。そしてフェイスラインを親指と人差し指で挟むようにあご先から耳たぶの横まで持っていき、そのまま耳の後ろを通って首の後ろ側の筋を下に下ろし、鎖骨に余分な水分を流すようなイメージでリンパマッサージします。

このマッサージ、顔の血行をよくするので、むくんだ顔や腫れぼったい目をすっきりさせる効果があるんですよ。簡単なマッサージなので、数回繰り返すことがコツです。顔がぽっと暖かくなってくるのを感じてくるはずです。顔色のトーンも明るくなってきます。

下地も忘れずに!

ミネラルファンデーションを使うときは必要ありませんが、普通のファンデーションを使うときには、メイクする前に化粧下地を塗るのも忘れないようにしましょう。下地を塗るときは、顔だけでなく首にも塗るのがポイントです。そうしないと、顔と首の境目が目立ってしまって、ちょっと恥ずかしいメイクになってしまうから…。

余裕があったらファンデーションの下地だけでなく、目の周りのくすみやほうれい線の陰を消すためにコンシーラーを軽く乗せて指先で馴染ませてみましょう。くすみやほうれい線って、顔色を暗い印象にしてしまうので、ここにひと手間かけることでグッと印象が変わります。 マスカラを塗るときも、マスカラ下地を塗ってからマスカラをつけるとキープ力がアップします。ひと手間かけることで、メイクが長持ちします。

TOPへ戻る